辻堂で・藤沢で三崎のまぐろが卸値で買える!池田水産

DSC_0897
まぐろで有名な三崎港の池田水産が
4月30日湘南藤沢地方卸売市場、関連棟にオープンしました。

三崎港でヤマス屋号で仲買として60年、新井市場で35年、厚木市場で30年の経歴をもつ池田水産。
三崎では、料亭や旅館に卸している。

神奈川県三浦半島の先端にある三崎港。都内から湘南からまぐろを求める観光客も多い。
そんな名物三崎マグロが、三崎まで時間をかけずに、藤沢の市場で買えることはとてもうれしい。

店舗は、左手にまぐろコーナーと、水槽、右手にとれたての鮮魚や魚介類が販売され、
養殖ではなく、天然ものの鮮魚が堂々と箱に入って店頭に並んでいた。
見れば貝などがゾモゾモと動いていて、活きの良さを感じる!

池田水産の自慢はなんといってもまぐろ!まさに三崎のマグロを味わい尽くしたい!
まぐろや鮮魚など冷凍ものだけでも50種以上扱っており、三崎漁港に水揚げされるキンメダイ、
鯖、いわし、イカなど、新鮮なピチピチの近海魚をはじめ、中央市場から全国の鮮魚を扱っている。

三代目、池田昌広さんにお話を伺いました。

「うちは、他店でなくなっている時期でも、鮮魚やまぐろが割と安定して提供できるかと思います。

良いまぐろの見分け方としては、赤身なら、スジがなくてきれいかどうか、
中トロなら下の方が白く脂がのっているかどうかを
比べていただくと違いがわかるかと思います。

赤身が好きな方、中トロが好きな方、味わい方もいろいろですね。」

なるほど、店頭のまぐろを見ると、スジがなくまばゆい程のキレイなまぐろ、美味なる証。
まぐろ好きにはきっと天に昇るような幸せの味わいだろう。

魚好きにはたまらない三崎マグロと鮮魚の池田水産。
特に、マグロは部位により風味も肌合いも異なり、料理も和から洋と奧が深い。

「是非、実際に目で見ていただいて、その日その時の旬のもの、お買い得なものの仕入れをしていただきたいです。」
マグロを知り尽くした池田さん、マグロの多彩な魅力を教えてくれそうです。

(2015.5月取材)

有限会社 池田水産
【まぐろ・鮮魚・卸・小売業】
生鮮魚介類・冷凍魚

藤沢店(湘南藤沢地方卸内市場関連棟内)
TEL 0466-54-7337
FAX 0466-54-7767

本社
三浦市岬陽町14-15
TEL 046-881-2568
FAX 046-881-7542